top of page

八重柏冬雷 獨り展

新年あけましておめでとうございます。


2023年、廊-KOHBUNDO最初の展示は新春恒例となった書家・八重柏冬雷「獨り展」です。正月にふさわしく「十二支」や「兎」など干支にちなんだ作品から、前を向き、飛躍し向上する年への祈りを込めた「飛ぶ」「歩む」などの前衛書まで新作25点を展示しました。


本展にあたり、作家は「文字の表情」をキーワードに掲げます。それぞれの文字が持つ形から着想を得て、筆と墨によってその表情を描き出す過程は、絵画と書との境界を行き来するものなのかもしれません。


ある時は力強く、またある時にはしなやかに、作家の筆は文字の持つイメージを豊かに広げていきます。会場では、今回の展示作品を制作する際に使用した筆もご覧いただけます。筆先の素材や硬軟の使い分けによる作品の表情の違いにもぜひご注目ください。




<展示期間>

2023年1月5日(木)~15日(日)

10時30分~18時 水曜定休

※7日(土)・8日(日)は作家在廊予定。




Commenti


bottom of page