佐藤 直弥 展 開催中です




 オリンピックイヤーの2021年が早くも折り返しを過ぎました。廊-KOHBUNDOの本年後半は、作家・佐藤直弥による展示で始まります。


 作家が制作に用いるのは、ミツバチの巣から採られる蜜蝋(みつろう)。光を透過し、あるいは反射する、艶やかな質感を持った素材です。


 シマエナガやエゾリス、犬や猫、そして人まで、その蜜蝋を自在にあつかう作家の手による造形は、時に優しさを、時に血がかよった生命を感じさせます。


 作家にとって初めての個展となる本展では、近年の制作になる8点を会場にゆったりと配置しました。鑑賞する距離や角度で印象の変わる作品です。ぜひごゆっくりとご覧ください。


 なお会期中には、展示作品をお買い求めいただけるだけでなく、作家による受注制作のオーダーも受け付けます。「うちの猫をモデルに」など、お気軽にご相談ください。




<展示期間>

2021年7月16日(金)~25日(日)

10時30分~18時(水曜日定休)


<作家在廊予定>

全日、会期中の午後に在廊いたします。